ピョコタン忘年会  (2015年12月)

遠征で余裕を持って出ていたので開始時間よりだいぶ早く西日暮里駅に着いた。
 
駅から出ると初めて来た場所なのに見覚えのある交差点と餃子の王将がみえた。
 
あそこはたしかピョコタンさんが横山緑とホッピングしていた場所だったな。そちらの方に歩いて行くとパチンコ屋さんがあった。フィレンツェってパチンコ屋の裏だったよな。
 
裏に入ると、また見覚えのある景色。ピョコタンさんが雪の中Tシャツで立ってた場所だ。もうフィレンツェじゃん!
 
動画の記憶だけでピョコタン信者の聖地フィレンツェに着いた。白色の可愛らしいお店だ。
 
まだ早いけどもう誰か来ているのかな?
 
窓から覗くと漫画がたくさん並んだ棚のあるいつもの席にいつもの黄色tシャツを着たピョコタンさんがいた!1人でスマホをいじっている。
 
入り口にはwelcomeの札が貼ってあったのでまだ通常営業してるのかもしれない。しょうが焼きを食べながら始まるのを待てばいいかなと思い、中に入った。
 
すぐにピョコタンさんが迎えてくれた。
 
「あ、参加者のごーれむです。初めまして。まだ早いですよね?」
 
ピョコ生ではさんざん煽りコメントを入れてるくせに礼儀正しく挨拶をした。ピョコタンさんも
 
「はい。あとでまたお願いします。」
 
とニコニコしながら接してくれた。なんだか優しい人みたいだが本物のピョコタンさんなんだろうか。
 
ドアを閉める。身長低めの小太り体型だと勝手にイメージしていたのだが実物は思っていたよりも大きくスポーツマンのような印象だったので驚いた
 
駅前のマックまで戻って時間をつぶすことにした。
 
ピョコタンさんに話したいことをまとめていたメモを読み返した。ふだんはたまにコメントを拾ってもらえるだけでも嬉しいのに今日はがっつり話せるかもしれないチャンスだ。悔いのないようにしたい。
 
 
時間になったので緊張しながらフィレンツェに戻った。
 
店に入るとまたピョコタンさんが迎えてくれた。
 
並べられた小さなサイン色紙の中から一枚を選んでと言われる。手前のものを選んだ。
 
くじになっていたようで裏をめくると小さくフジタと書かれている
 
ファミコン芸人フジタさんの福袋が当たったようだ。ジャンクハンター吉田さんのがよかったのになと思いながら福袋を受け取り席についた。
 
 
 
 
彦龍さんは今日、骨になりました。死後の世界なんか信じてないけどきっとどこかで見てくれてると思います。」
 
ピョコタンさんの言葉で乾杯して忘年会が始まった。
 
僕のテーブルにはクリエイターとかゲームショップを経営している人達がいた。ピョコタンさんが参加者のプロフィールとtwitterのIDをまとめたものを事前にメールで送ってくれていたので、すぐに打ち解けた空気で話すことができた。レトロゲームの話などで盛り上がった。
 
少し遅れてへれへれさんが来た。へれへれさんは妊婦だったころピョコ生に出て、ベイブレード対決をしていた人だ。今は無事に出産して子育てを頑張っている。
 
彦龍さんのラーメンを食べに行ったら初対面なのにしつこくsexを迫られた話を聞かせてくれた。
 
「今度、一緒に伊豆に行ってよお、sexしねえか?」
 
日本一まずいラーメンを食わせつつセクハラする男、彦龍
 
故人を悼む話としては強烈すぎる。破天荒な人だったな。
 
へれへれさんいわく2回行って2回ともそんな調子だったという。
 
2回行くあんたもあんただ。
 
 
 
しばらくしてフジタさんのネタが始まった。
 
ファミコンをやりながらウンチクを披露していくスタイルでゲームクリエイターの吉田さんと一緒にマイナーゲームや改造ゲームを面白おかしく語ってくれた。
 
フジタさんのネタが終わるとピョコタンさんの指示で席替えを行った。
 
今度のテーブルには初参加の人が多かった。いつピョコタンさんを知ったのか聞くと、youtube岡田斗司夫カドカワの件で炎上していたときだという。
 
みんなピョコタンさんの炎上マーケティングに引っかかったんだな
 
僕はプオケットハミリーが載ってたころのコロコロ世代なのでピョコタンさんがデビューした頃から知っているけど、ピョコ生を知ったのは同じように岡田斗司夫のとき(2月ごろ)だった。それ以来ニコニコで過去の動画も見まくったし、ピョコタンさんの影響で株も始めた。今年はピョコタンイヤーだったなあ。
 
ピョコタンさんはむこうのテーブルでみんなと話していて、あとでこっちのテーブルにも来てくれるかなと期待した。
 
 
トイレに行くためにカウンターに通りかかるとママさんがいた。

「ピョコ生でいつも声だけは聞いていましたよ。」

「ママはシャイだから配信には絶対出ないんだよ。」

ネタの準備をしている活動弁士坂本頼光さんが言った。頼光さんもここの常連だ。
 
「いつもお店でぎゃーぎゃー騒がれて大変じゃないですか?」
 
 
ピョコタンさんが配信の時に使う席の方を見ながらママさんに聞いた。
 
「いやあ、大丈夫よ。いつものことだから。」
 
慣れてしまったようだ。
 
「昔の写真見る?」
 
ママさんが唐突に言った。
 
昔の写真?
 
ママさんが棚をゴソゴソと漁って額に入っているモノクロ写真を取り出す。
 
写っていたのは若い女性。
 
「若い頃のママさんですか?綺麗っすねえ。」
 
「うふふ。」
 
(これみんなに見せてるのかな。)
 
「30年もやってるからね。昔の開成の生徒さんが来るとおじさんになっててびっくりするわ。あんなに可愛かったのにってね。」
 
西日暮里の人たちや代々の開成中高の生徒たちに愛されてきたこの店も街の再開発で来年には無くなるかもしれないらしい。
 
忘年会に行けなかった人たちもフィレンツェがあるうちに行ってみて欲しい。夕方頃に行けばピョコタンさんの公開生放送が見れるかもしれないしね。
 
今度は坂本頼光さんのネタが始まった。
 
 
ピョコ生で前半部分だけ流していたサザザさんのクレイジーすぎる世界に爆笑してむちゃくちゃ続きが見たかったので今日はすごく楽しみにしていた。
 
ピョコ生で流してなかった後半部分は世の中を騒がせたある人物を登場させた時事ネタだったんだけど、旬が過ぎてる感はどうしてもあった。
 
全部1人で作っているので一本作るのに3ヶ月もかかるらしい。それなのに長く使えないネタをやるのはもったいないと思う。
 
「労力に見合わないことをやっていることに価値がある」
というようなことを言っていたけど、本人的にはどうしてもこういうアニメがやりたいというわけでもなさそうだった。
 
活動弁士のライブにはシニア層が多いので若い人も巻き込みたくてアニメを作っているらしい。
 
でもネタが危なすぎてライブでしかできないんじゃ新しいファン増やしにくいよね。個人的には大好きだけど。
 
頼光さんはニコニコで生主デビューしたら人気が出そうだ。ニコ生と声真似はすごく相性がよくて声真似で人気を集めている人がいる。アニメのキャラクターにコメントを読んでもらえるのはすごくたのしい。
 
頼光さんほどのクオリティで真似できる人がまだニコ生にはいないし、新しいファンを増やせるんじゃないかと思う。


頼光さんのネタが終わるともう9時近くになっている。終わりが近いと思う。
 
ピョコタンさんはいつも配信しているテーブルの方でネタを終えた頼光さんやyoutuberのめぐみちゃん達と話していた。
 
ピョコタンさんとちゃんと話すことができないまま終わっちゃうかなあ。
 
寂しい予感がよぎっていたとき、ピョコタンさんがこちらの方に歩いてきた。すかさず、
 
「今度ここに座ってくださいよ。」
 
と言って自分の席を立った。
 
 
「あ、いいの?」
 
と言ってきたので僕は、
 
「どうぞどうぞ。」
と言って席のないところで中腰になった。
 
ピョコタンさんが僕の席に座る。
 
やっとピョコタンさんとちゃんと話せるチャンスが回ってきた!!
 
つづく