ごーれむの日記

ツイッターは@go_r_em

笑いの理論 緊張の緩和 松本人志研究

桂枝雀が笑いとは緊張の緩和であると語っているんですけど、それについて松本人志はその通りだと思うって話していて、この緊張の緩和については桂枝雀が著作の落語で枝雀って本で体系だった語り方をしているんですけど、その中で合わせと離れという風に笑いを分類していまして
この合わせと離れっていうのを僕なりに解釈してみたんですけど、
 
 

 

 
 
合わせ                     離れ
ツッコミ                  ボケ
その通り                なんじゃそれ
批評                         発想
期待への呼応           期待への裏切り
 
 
 
こう言い換えられると思います。
 
離れの方は捉えやすいです。芸人のいわゆるボケがこちらの笑いです。
 
 
 
 
じゃあ左の合わせ領域の笑いについてさらに詳しく見ていきましょう。
 
 
合わせはだいたい批評と期待への呼応っていう分け方をすると捉えやすいです。
 
 
 
 
では批評的な笑いをさらに詳しく見てみましょう。
 
まずは、風刺 これは端的に批評色の強い笑いであることがわかりますよね。皆がぼんやりと思っているようなことをズケズケと毒舌で言ってその通り、と笑わせていく。ビートたけし爆笑問題がやっています。
 
 
あるあるネタ     これも笑いの質としては批評なんですよね こういうことってあるよねって提示していって、見ている方はそのとおりって笑ってしまう。あるあるネタっていわゆるあるあるネタ芸人だけがやっているわけじゃなくて細かく見るとコントとかの最初の方でたとえばコンビニのネタなら最初にコンビニで実際にありそうなネタをいれてたりするんですよ。合わせの笑いはわかりやすいのでツカミとして使われるとこが多いです。
 
ものまね
ものまねの何処が批評なのって言われそうですが
これも実は批評性の笑いなんですよ。対象の特徴を捉えて大げさに見せるのがものまねなので。見ている方はそのとおり、そっくりだと笑ってしまう。タモリのネタに寺山修司になったふりをして寺山修司のいいそうなことをいうっていうネタがあるんですけど、これなんかははっきりと批評であることがわかりますね。
 
こっからはあわせ領域の中から期待への呼応っていう質の笑いの具体例を挙げます。
 
 
続きはyoutubeにアップロードしました。